さちおの日々のつぶやき。ボクスターネタはほとんど出てきません。


by boxster_sachio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:住まい( 26 )

実は本命を逃してから、私単独で物件を見学していました。
私にすればクルマで20~30分のエリアながら、かおるは千葉から来なければいけないため、必然的に私が一次審査することになります。で「これは」とゆー物件が出てくれば一緒に見学するワケです。

この間、かおるのほうはどうしていたかとゆーと。
「Pグループの新物件が発表されるのを待つ」と言う基本姿勢に基づき、Pグループのサイトをチェックしては鳩ヶ谷界隈含めてマメに資料請求していたようです。必然的に営業氏からのアプローチも受けるこようになり、電話で何度か話したとのことでした。
「PのKちゃんって営業、とっても熱心でしっかりしてるから、一度会って担当窓口になってもらったらどうかな」
「うん、いいんじゃない? B戸塚の時のTって営業はその後連絡よこさないし、一連の商談の時にもあんまり気が利くタイプじゃなかったし(笑)」
とゆー会話の結果、我々はPグループ物件の見学がてら、「熱心な営業」Kちゃんに会うことにしたのです。

今回の物件はPグループの「G東川口」。早くに売り出していたのですが5,130万円と強気の価格設定、そのわりに日当たりも地形も悪く、ずっと売れ残っていたのです。
一応かたちだけ見学した後、ファミレスでKちゃんと打ち合わせすることにしました。

三人でファミレスに入りオーダーを済ませた後、口火を切ったのは私です。
「今までいろいろ物件を見てきたけど、一番気に入った物件はPさんでした。世間でも評判が良いし、我々としてはPさんの物件を優先して選びたいと思っています」
「はい、ありがとうございます」
20代前半とピチピチに若い営業Kちゃんはちょっと緊張気味のご様子(笑)。
「で、これを機会に今後あなたのほうから、我々の条件に合う物件が出てきたら、可能な限り早い段階で連絡いただきたいんですよ・・例えば土地を押さえた時点で」
「わかりました・・それは可能です」
「それじゃ我々の条件を言うから、メモの用意を」
「あ、はい・・少々お待ちください」
この時点で細かい条件を言い過ぎても意味がないため、我々は大枠の条件だけ提示したのでした。
「第一希望は東川口、第二がなくて第三希望が戸塚安行」「駅歩15分以内」「予算4,500万円程度」・・当ブログ読者の皆さんならとっくにご存知のことと思います(笑)。
このようにKちゃんをPグループの情報窓口・担当営業に任命した我々でした。

「さあ、Pグループの物件、出てくるといいなぁ・・」

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-08-09 22:48 | 住まい
私は植木畑を前におっちゃんと話します。
「これ、随分広いねぇ」
「そうねぇ・・80坪くらいあるかな
「え、そんなに要らないって」
「いや、だから好きな分だけ先に買っちゃえばいいでしょ、残りは後で売ればいいんだから」
「へぇ、そーなの・・で、ここっていくらなの?」
「うん、だいたい坪60万くらいだね」
「ってことは40坪で2,400万か・・」
つまり上物に2,000万見ても4,400万ってことね。
「さちおさん、実はまだ地主さん売ったワケじゃなくて、"売ってもいい"って言ってる段階なの。これが売るって決まって市場に出ちゃったら、このへんでも坪70万くらい行っちゃうよ。だから市場に出る前に買っちゃえば、ってこと」
「ふ~ん(相場は後で裏取りするとして)・・で、当然ここはおたくの建築条件が付くんでしょ?」
「いやいや、さちおさんが好きなところで好きなように建てて・・そうだ、県民共済がいい、あそこが一番だ! 安くてしっかりしてて、フツー坪50万くらいの家が、坪40万くらいで建っちゃうってさ」
「へぇ、おたくはそれでいいの?」
「いや、ここの地主さんと交渉してるのはウチぢゃなくて、実はイトコがやってる不動産屋なの・・だからウチは土地の仲介手数料もらえればいいから」
「へぇ、そーなんだ・・」
ビミョーなうさん臭さを感じつつも、真剣に買う気はないため余裕の私(笑)。ひとまず様子はわかったので、じっくり考えてみることにします。
「それじゃちょっと検討しますね・・ついでに周辺をちょっと歩いてみます」
「はいはい、わかりました、それじゃ私はこれで・・考えてみてくださいね♪」
あくまで明るく、おっちゃんはクルマに乗って去っていきました・・待ち合わせから所要時間約20分(笑)。

「なるほど、地面だけ買うってのもアリかな・・税とかローンの組み方も変わって来るらしいけど、安くていい土地があれば好きに作れるって魅力カモ・・」
そんなことを考えつつ、周辺をひと回りしてから戸塚安行の駅に向かって歩いてみます。
周辺は極めて落ち着いた住宅街、どこの家も大きめ・広めの新築で、穏やかに満足した空気が伝わってきます。しかし東川口に若干漂っていた「スノッブ感」「VOLVO感」はなく、国産ファミカーで家族最優先のパパママ感が伝わって来る気がしました。
駅までは確かに5分弱。しかしそこに至るまでには、造成中の里山や植木畑しかない田舎道と、東川口駅前通りに繋がる交通量の多い道しかありません。わずかに理容室一軒とカレーの壱番館、駅前にスーパー一軒だけが確認できました(笑)。

そう、戸塚安行は、私が想像した以上にイナカだったのです(関係者失礼)。

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-08-06 12:07 | 住まい
ここでしばらく家探しはまったりムードとなります。
「逃がした魚」が魅力的だったこともあり、「Pグループで東川口/戸塚安行の物件が発表されるのを待つ」を基本姿勢に、気になる物件だけ参考程度にチェックしていました。

そんなこんなで1~2Wが過ぎたある日、私の携帯が鳴りました・・以前見学した東川口物件の営業さんからです。氏は推定50代、小柄やせ型・半袖ワイシャツ姿でしっかりタイピン付けてる、典型的な「地元の業者のおっちゃん」です。商売熱心とゆーよりは、馴れ馴れしくも面倒見のいい印象でした。
「さちおさん、まだ探してるの? 実は戸塚安行の駅5分でね、土地売ってもいいって地主さんが出て来たのよ。さちおさん、見てみなさいよ、なかなか駅近は出て来ないからね」
土地だけ、というのは想定していなかった私ですが、進展がなく見通しもつかない状況の中、選択肢を広げる意味でもちょっと興味を感じました。
「わかりました、一応どんなもんなのか見学させてください」

待ち合わせは戸塚安行駅の小さなロータリー、不慣れな私がキョロキョロしながら銀僕を徐行させてると、笑顔で大きく手を振るおっちゃんが(笑)。簡単な挨拶の後、おっちゃんの営業車に先導してもらい物件に向かいます。
実は私はこの時まで戸塚安行駅周辺をじっくり見たことはありませんでした。職場の後輩くんのお薦めで有力候補に挙げたものの、何故かそそられる駅近物件が出て来なかったからです。
初めてクルマを降りた戸塚安行はひと言で言えば「田舎」(笑)。「安行・植木の里」として有名らしいのですが、その名の通り植木畑と里山ばかり・・西は傾斜の多い丘陵地帯で、東は草加に続く低地です。
物件は戸塚安行駅の西北に位置し、高台に続く斜面の一角でした。最近造成されたばかりのエリアらしく、周囲には新築ピカピカの一戸建てが並んでいます(建売/注文問わず)。しかし道を一本入れば昔ながらの里山、セミやらカブトムシやらウヨウヨいそうなオーラを感じました(笑)。

で、物件のほうは。
現状植木畑、北面道路で向かいは植木畑、背中合わせの南側は植木畑(爆)。
西上がり(東下がり)の斜面になっていて、よく見ると、南北も南上がり(北下がり)に傾斜しています。
傾斜を考えると、南に庭を取ったとしても、南に家が建ったら日当たりは厳しそうでした。
「駅から近いのは間違いないし、田舎と言っても自然があるぶん鳩ヶ谷よりベターかな・・ま、考えようによっては閑静で緑豊かな環境、ってことか・・」

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-08-02 22:24 | 住まい
この頃になると、私の中に心境の変化が生まれました。
懸念していた通り、自分の中で「ビビビと来た」物件が手に入らなかった今、焦ってあがいてもいい展開は望めないかな、って気分です。絶好球が立て続けに来る、って確率は低いはずだし、東川口/戸塚安行界隈ならまだ土地・物件の供給はありそうだし
もちろんそう言いつつも情報収集は怠らず、ネットやチラシをチェックしていたのは言うまでもありません。

そんな中、最初の鳩ヶ谷の若手力士営業さんからまたも連絡がありました。
「追って着工した棟も続々と完成しているので、また是非見に来てください」
「あーそーですか、時間が出来たら見に行きます」
そう、この物件の印象やスペックは、これだけ多数見学した後=今でも、決して悪くなかったのです。私とかおる(婚約者)も何かの折りには話題にしていました・・「あそこ、悪くないよね」「うん、鳩ヶ谷ってだけで損してるよね」等々(汗)。
そう、鳩ヶ谷の商店街のあまりに鮮烈な印象が、我々の心に大きな翳を落としていたのです。

確かその翌々日のことでした。
電話が鳴ったので発信元を見ると、例の鳩ヶ谷の営業さん。
「ん~、こんなに続けて電話してくるなんて珍しいな」と思って電話に出てみると・・
さちおさん、今日ウチの社長に言われたんですが、値引きのご相談があると言うことで?
「はいっ??」
全く話が見えなかった私ですが、どうやら彼もあまり話が見えていない様子(笑)。
「いや、ウチでお世話になっている○銀行の△支店長さんと、ウチの社長が話されたようで」
「ん・・○銀行? それはちょっと心当たりが(笑)」

話を総合すると、私が相談した友人がこの会社の社長さんとお会いする機会があり、「ボクの友達がおたくの物件検討してるんで、安くしてあげてくださいよ」みたいなことを言ってくれたらしい(爆)。
そう言えば先日彼から電話があり「その後どう? 例の鳩ヶ谷の物件やってる会社、ウチの銀行メインなんでオレからお願いしてみようか・・安くしてくれるカモよ」なんて言ってました。
しかし私はその時「いや、気持ちはありがたいけどさ、実際あそこも悪くないんだけど、やっぱ鳩ヶ谷以外の物件を第一候補にしたいのよ」と答えていました。

「いや~、買う前提で料金交渉してるワケぢゃなくて、話のついでに支店長氏が社長に言ってみただけだと思うよ」
「あ、そうなんですか・・いや、私もびっくりしちゃいまして(笑)」
「私の状況と希望は今まで話した通りでさ、おたくの物件は充分魅力的なんだけど、ぶっちゃけ、できれば鳩ヶ谷以外に住みたいのよ
「そうですよねぇ、そうおっしゃってましたよね・・でも鳩ヶ谷もこれから発展してくはずなんで、引き続きよろしくお願いします」
「はい、鳩ヶ谷以外の物件も出てきたらよろしくね・・東川口がベストだけど(笑)」

そう言って私は電話を切りました。
いや~、持つべきは友達思いの友人ですな(爆)。

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-08-01 21:55 | 住まい
さて、実はこの頃同時進行していたネタが。
物件下見で東川口界隈をウロウロしていると、随所にイヤでも目に入る大きな看板が・・どうやら駅歩3分にマンションが建つらしい
駅前通りとけやき通りの間・駅3分で西友も1分の距離にできる、総戸数36戸のマンション「LP東川口」。基本的にマンションは考えていない私ですが、この物件には興味を惹かれました。その理由は
「これだけ駅近の便利ゾーンに建つのはマンションならでは」「戸建に比べて選択基準が絞られてわかりやすい」「戸建に比べて安い(最高で4,100万円台)」と言ったところ。

マンションというのはある程度のオプションセレクトはできるものの、基本的には「建売」なワケです・・そりゃそーです、「注文マンション」なんてワードは聞きません(笑)。
しかし同じ「建売」でも、一戸建ての場合は聞いたこともない地元の○○工務店とか△△建設とかが建てているため、どの程度の良心と責任感で品質管理しているかわかりにくい気がします。
その点、マンションは大手ディベロッパーの手による(ことが多い)ため、最低限のクオリティは期待できる気がしました。例えば戸建の場合「できるだけ施主が現場に足を運んで職人さんの働きっぷりをチェック&プレッシャーをかける」なんてことが言われますが、マンションではそーゆー話はあんまり聞かないし(笑)。

まーそんな聞きかじりの浅知恵はともあれ「駅3分で繁華街のド真ん中(その分セキュリティ対策はバリバリ)」って魅力は捨て難い。
ついては私は、このマンションの発表&事前説明会に足を運んでみるのでした。

駅前に仮説されたモデルルーム前にはのぼりが立ち並び、スーツ姿の営業軍団がゾロゾロいます。いつものようにオープンの銀僕で乗りつけ(笑)、おもむろに施設内に入る私。
中は以前見た川口元郷のマンションと同様に、巨大な航空写真による周辺地図と全体の模型・各種設備/仕様のサンプル、そしてショールームとなっています。
しかし正直言ってマンションのモデルルームって、どこも同じに見えるんですよね・・真剣にマンションを選んでる方から見ると違うんでしょうが(汗)。

ちなみにここは一番広い4LDKが約80平米・3LDKが平均70平米前後。
一戸建てはたいてい100平米程度ありますが、階段やベランダも含んでいるせいか、マンションでも充分広い印象を受けました。なおかつ現代的な都市生活に最適化されたセンスある合理性は、若いご夫婦なら目が☆になっちゃうカモ知れません(ならないか・笑)。
でも「この閉じられた空間の中で、全ての生活を処理しなければいけない」みたいな、スペース使用効率のプレッシャーを感じてしまう私。でも駅3分で予算もラクなら、この選択肢もあるのかなぁ・・。
しかし総戸数より駐車台数がかなり少ないのは痛いところ(いろいろ事情もあるんでしょーが)。管理費と駐車場代を合わせると3万前後になるってこともあり、あまり「素晴らしい」とは思えませんでした。

まー「駅に近いは七難隠す」んですけどねぇ・・。

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-07-25 21:49 | 住まい
先客の契約に暗雲、ということで大いに期待が高まっていた当物件(失礼>先客さん)。
世の中そうはうまくは行かないもの、とわかっていても、申込書やら源泉徴収票やらハンコまで用意したのはこれが初めてだったこともあり、私は非常に落胆しました。
例えて言えば「ポルシェセンターに理想通りのカラー/オプションのボクスターがあり、キャンセル在庫で特価販売されていたけど、タッチの差で逃した」って感じ。または「飲み会で隣りの席に理想ピッタリの女の子が座ったけど、早々に仕事の電話で呼び出された」って感じ(笑)。

逃がした魚の魅力はもちろん、私を更にブルーにさせたのは今後の展開です。
3ヶ月以上掛かって物件探し・見学した結果「いいカモ♪」と思った物件はごくわずかでした。その中でも「これだ!」とビビッと来た((C)聖子ちゃん)のは、この東川口の物件だけだったのです。
今後どんな物件が出てきても、絶対この物件と心の中で比較しちゃうんだろうな
そしてこれを超える物件じゃない限り、どこかに妥協感が残っちゃうんだろうな
これを超える物件って、たぶんなかなか出て来ないだろうし、あっても高いんだろうな
つまりこの物件の存在により、以前よりハードルが高まっちゃったんじゃないか、という危惧です。
「まー気を取り直して探すしかないやぁねぇ・・」
そう思った私は翌日日曜日から、またハイペースで物件を探し始めるのでした。

ここでおさらいを兼ね、改めて東川口事情を。
東川口には南北に走る主要道路が2本あり、中央西寄りが「駅前通り」・中央東寄りが「けやき通り」です。華やかに栄えているのはけやき通りなんですが、この界隈は古くは田んぼだったエリアで、本来住宅街として好まれたのは駅前通り西側の高台なんですね。つまり「閑静な住宅街」を望むなら西の高台、「豊かな田園都市生活」を望むなら東の低地となります
(ちなみに東の低地は商業施設が多いせいもあり住宅の供給は極めて少なくなっています)

この日に見学した物件は3軒。
最初の一軒はK工務店の物件で駅歩9分、けやき通りの一本裏にある優れた立地です。東面道路で4区画、例によって旗型(『)と小型の組合せで、小型のほうが南に面しています。
続いて同じくけやき通り周辺の物件。こちらも全く同じ区割りで、南面の小型の区画は売約済、奥の旗型の区画は息苦しく日当たりも悪くなっています。
最後の1軒は駅前通り沿い、こちらも全く同じ区割りですが、奥の旗型が先に売約済みで、南道路に面した手前の小型のほうが残っています。
しかし誠に残念なことに、南道路の向かい側には、このあたりでは珍しい大型マンションが2棟聳えていたのです(笑)。
これら3軒はいずれもロケーションは悪くありません。しかし「目をつむろうと思えばつむれなくもないけど、できれば避けたい」部分もあり、「ま、これもありカモね」と思う程度だったのです。

「う~ん、やっぱなかなか難しいもんだねぇ・・」

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-07-22 23:36 | 住まい
そのまま1~2日待ちましたが、どうも落ち着かない私。
そう言えば私としたことが、電話に出た女性の名前を聞いておきませんでした(笑)。不安を覚えた私は、先日の営業氏に改めて連絡してみます。
「もしもし、さちおですが例の物件の件、聞いてますか?」
「はい・・まだどうなるかはわかりませんが、もし申込取消ということになればさちお様にご連絡するようにします」
「それに当たって、私はただ待っていればいいんですかね? 何か必要な手続ってあるんですか?」
「・・そうですね、申込書を書いていただいた方が優先になりますので、申込を入れておいていただかないと優先的に連絡することはできません
・・だったら最初からそう言えってば!(爆)
「OK、わかった。で、申込書類はどうすればいいの?」
「あ、本日速達で送らせていただきます」
「はい、よろしく♪」
「さちお様、申込書はあくまでエントリーと言うことで、先方の契約次第ですので購入を確約するものではございませんが」
「うん、それはわかってますよ」

申込書が届いたのは金曜日でした。
私は申込書に記入し源泉徴収票等を用意し、翌日土曜に提出する準備を整えます。

土曜日、まずはピットインしていた銀僕を引き取るべくPC大宮へ。
案の定いつものようにお茶を飲みつつまったりしつつ、PCを出たのは遅めの午後でした。
東川口に向かう国道(122号)は何故か大混雑、普段なら20分程度で到着するはずが一向に進みません。遅れる旨伝えようと、Pの営業氏のケータイを鳴らしても連絡付かず。
しばらくして車中の私のケータイに、営業氏から電話が掛かってきました。
「もしもし、さちおです。今そちらに向かっている途中です」
「それがですねさちおさん、先のお客様、契約できるようになりましたので、この物件はご案内できなくなりました

オーマイブッダ!(仏教徒だから)

「あっそ・・ま、わかりました。もし今後似た物件があったら先に連絡ください」
電話を切った私は落胆ととてつもない疲労感にノックアウト状態。渋滞に揉まれつつ、適当なポイントでUターンし、仕方なく自宅に帰るのでした・・。

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-07-19 22:48 | 住まい
これからしばらく、私は得意技の(笑)ネットを駆使して、東川口物件情報を熱心に収集していました。完全マークしているPグループのサイトも定点観測し、毎週の物件動向をチェックします。

やがて私は不思議なことに気付いてしまいました。
PグループのサイトのB戸塚紹介ページを見ると、当初は4号棟(ウッドデッキ)が「販売中」の表記、他の棟は申込済で価格も間取りも掲載されていませんでした。4号棟のみが売れ残っていたので、これは当然のことですね。次回更新時にチェックすると4号棟も「申込済」に変わり、間取り情報も削除されている・・これも納得です。
しかし。
何故か前週まで「申込済」表記だったはずのX号棟が、今回の更新で「販売中」表記に変わり、間取りも公開されているのです?!
X号棟と言えば全棟で最も東側に位置し、4号棟と同じ面積/レイアウトながらウッドデッキはなく(笑)、フツーにLDKが広く採ってある作り・・更に価格は全5棟中最安値の4,630万円!

私は速攻でPグループに電話しました。
「あの~、Webで見たんですが、東川口の物件に興味があるんですが・・」
電話嬢は「少々お待ちください」と何やら調べた後で「申しわけありません、こちらの物件は全棟申込が入っております」。
「えっ、だって今日更新されたページに"販売中"って載ってますよ。それも昨日まで載ってなかった棟が、わざわざ更新されているんですが・・
「そうですか・・申しわけありません、当社Web担当の者によく申し伝えておきますが、申込済なのは間違いありません
「あ、そう・・わかりました(ショボン)」
私としては腑に落ちない部分も残るものの、更新時の手違いってのはウェブマス的によくある話なので(爆)、この場は潔く諦めるのでした。

しかし。
その翌週の更新時にも、X号棟は「販売中」表記のままです。住宅情報サイトにも掲載されており、興味がある人間なら間違いなく問合せする状況。
私は一筋の疑念と希望を覚えつつ、またもやPグループに電話するのでした。
「○○さん、先週電話したさちおだけど、まだ載ってるのってどーゆーこと? Web担当者は何て言ってたんですか?」
「いや、実は・・X号棟のお客様、申込されたのは間違いないのですが、ご契約までに時間が掛かっておりまして・・
ふむ、なるほど・・ってことは、ってことだな(謎)。
「それじゃさ、もしその方が契約に至らなかったら、真っ先に連絡してください」
「かしこまりました・・さちお様、ですね」
「はい、よろしくお願いします」

ん、これはもしかしたら脈ありカモ!
私は急にそわそわし出すのでした(笑)。
[PR]
by boxster_sachio | 2005-07-12 23:11 | 住まい
「ウッドデッキさえなければなぁ・・」そう呟きつつ、今度はPグループのもうひとつの物件に向かいます。
B戸塚が東川口の南に位置するのに対し、こちらは西の高台に位置する「M東川口」。それなりに広い土地に4m道路を通し11区画に分けていますが、まだ基礎ができて一部に柱が立ちつつある、と言った状況で、立地条件を確認するのみです。
パンフレットは美しい絵コンテで、各棟別々のデザインコンセプトを持ち、内装のディテールにも凝っている様子・・どーやら「女性の心地よさを考えた」「女性プロジェクトによる」物件とのこと(ノーコメント・笑)。
しかし残念ながら、それ以前の駅からの距離/地形・区画の時点で、私にはピンと来ませんでした。端的に言えば「駅歩13分と言うものの"東川口感"は感じず"ここはどこ?"って印象」と「基本東向きに区割りしてある」「ギュウ詰めに建てるようで息苦しい」の三点からです(全般にB戸塚より500万前後安いんですけどね)。

その日の見学は以上でしたが、東川口で夕食をとった後、もう一度(既に夜の眠りについた)「墓地前」と「B戸塚」の前を回ってみました。ちなみに墓地は夜も特に「賑やか」ではありませんでした(笑)。
「やっぱ高いモンはいいよな~」
「でも墓はねぇ・・」
「でもウッドデッキはなぁ・・」
そして我々は物思いに耽りながら東川口を後にするのでした。

業者さんとの連絡に、私は原則的にメールを使っております。
書き忘れていたのですが、墓地前の物件に連れていってもらった仲介業者さんから、その日の夜にメールが届いていたのです。
内容は・・墓地前の価格、正確には4,680万円ではなく4,780万円とのことでした(驚)。

話は戻ってPグループ2ヶ所を見学した翌日。
頼りない若手営業マン氏からメールが届いていたので読んでみると・・・
「B戸塚のウッドデッキの物件、お蔭様で申し込みが入りました」とのことでした。
か○る(婚約者)曰く「たぶん申し込んだヒトはウッドデッキのうまい使い方を知ってたんだろうね・・」。
ご本人ご覧になっていたら是非教えてください(笑)。

東川口、なかなか手ごわいぞ・・いいものはいいけど、いいものは5,000万前後だ(汗)。
[PR]
by boxster_sachio | 2005-07-11 22:07 | 住まい
ここで私は、照準を絞ってみることにしました。
新たな条件は「東川口」「4,500万前後」「できればPグループ」。この条件で調べてみると東川口に2ヶ所、Pグループの物件がありました(GW当時)。既に完成・販売中の「B戸塚」と、発表されたばかりの「M東川口」です。
「現地見学会開催中」と書かれていたため、私はすぐに現地に向かったのでした。

実は今まで、Pグループの物件は敬遠していました。その理由は「駅から遠い物件が多い(20分前後)」「他社相場に比べ割高の料金設定(1~2割増)」の二点です。
しかし予算を広げたことと「東川口なら、駅からの距離は妥協してもいいかな」って考えから、Pグループの物件も射程距離に入ってきたのです。

最初に見たのは「B戸塚」。
東川口には、JOMOのスタンドや国産車のディーラー・ユニクロ等がある、東西に走る大きな道路があります(名称不明)。「その道を越えると戸塚安行駅のほうが近い」とゆー境界線と見なせるんですが、この物件はその道を越えてすぐの高台にあるのです。つまり東川口から17分・戸塚安行から11分とゆー微妙な距離感(笑)。

5棟が並ぶ現場でしたがそのうちの4軒は既に売約済、かなり前から市場に出ていた物件のようです。
しかしその環境をひと目見るなり、私の心の中の小人たちが騒ぎ始めました。
「いいよ、ここ、いいよっ!」
閑静な住宅街で南側は広めの道路に面し、区画も均等な長方形が並ぶ配置(各約38坪)。前庭兼駐車場はタテ向き・横並びで2台楽勝の広さ。更に北側は小さな崖になっており、東川口の街が一望できる高台・・崖の下にあるのはスイミングスクール。
つまり「日当たり・風通し・見晴らし全て良好」とゆー物件なのです!


正直言って間取りはそんなにこだわっていない私・・特殊な間取りじゃない限り、LDKがそれなりに広ければ後はこだわりません。
しかし、この物件はその「特殊な間取り」だったのです・・LDKのど真ん中に、何故か「ウッドデッキ」がありました(!)

ウッドデッキって、要は板張りのテラスです。私は「縁側みたいに日当たりのいい庭に張り出してるもの」とばかり思っていましたが、どーやらここではその常識は通じなかったようようです
考えてみてください、カウンターキッチンのダイニングと、テレビとソファーを置く居間のど真ん中に、何故か存在する吹き抜けのウッドデッキを! 当然のことながらこの部分は「屋外」、ヒサシは出ているものの雨風に晒されているのです。内側三方はガラスで仕切られ、空いている外側一方には隣家の壁が迫っています・・つまり日当たりが一切期待できないデッドスペース(苦笑)。
「ねぇ、これって邪魔なだけで何か意味あるの?」「どーやって使えってゆーワケ? だったらフツーにLDK広く採ったほうがいいぢゃん!」
我々の容赦ないツッコミに、若い営業くんは苦笑いするばかりです(だからこそ最後まで売れ残ったんでしょうね)。
#ちなみにもらったパンフでは、ウッドデッキ付き棟が4,760万円、隣りのノーマル棟が4,630万円でした・・そりゃノーマル棟買うって(爆)。

他は全て理想的なのに、ウッドデッキだけは許せない・・私は後ろ髪を引かれる思いで、この物件を後にするのでした。

(続く)
[PR]
by boxster_sachio | 2005-07-08 00:25 | 住まい