さちおの日々のつぶやき。ボクスターネタはほとんど出てきません。


by boxster_sachio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

欲しくなるクルマ

各話題バランスよく書いたと思いきや、まだ「クルマ」の項を一度も書いていませんでした。
というワケで今回はクルマの話題を・・題して「欲しくなるクルマ」。

「欲しいクルマ」「魅力を感じるクルマ」を聞かれたら、即座に何車種も挙げることができます。
しかし同時に、実はある程度候補が絞られていることに気付きます。
これはおそらく「自分が魅力を感じるポイント」で、既にふるいにかけられているからでしょう。

それではその「魅力を感じるポイント」とはどこなのか。
ステイタスを求めるヒトもいれば、快適性や静粛性を重視するヒトもいるし、走行性能やスペックを最優先するヒトもいます。
で、私自身がどのタイプかを考えてみたところ、非常にクリアなポイントがありました。
それは・・デザイン!
そう、私は性格や実技よりもルックスを重視するのです(笑)。

「デザインがいい」≒「ルックスがいい」というのはあくまで個人の主観で、スペックのように数値で表せはしません。私が「絶世の美人だっ!」とか「抜群に可愛い♪」と思っても、他のヒトから見れば「どこがいいんだ、あんなブス?」みたいなことも多々あるワケですね。
更に好みと言っても、「SEXY系」「清楚系」「CUTE系」等々、ジャンルによって変わってきます。私には「絶対"清楚系"に限る!」みたいなこだわりはなく、「あのコはSEXYでいいよね」「このコは清楚でいいよね」「そっちのコはCUTEでいいよね」と、それぞれ惹かれてしまうのです。
だから好きな車種を挙げるとメチャクチャなラインナップに見えるんですが、私の中では統一されています・・それは「いずれにせよ、自分好みのルックスである」という点です。

で、自分が心惹かれるルックス=デザインについて考えてみました。
それは、あたかも最初から決まっていたかのように、自然にまとまっている「かたち」。
デザイナーの頑張りや工夫といった作為を感じさせないクルマが好きです。
もちろん実際にはどのクルマもデザインされているのですが、「ここはこうデザインして・・」とディテイルを積み重ねた集合体、みたいな印象を受けるクルマも多々あります。
そういう野心とか苦労みたいなモノを感じさせず、デザイナーの心に突然完成形で浮かんだように思わせるデザインに惚れてしまいます。

例えばランボルギーニなら、私はカウンタックよりミウラが好きです(どっちも古い!)。ミウラも独特のデザインですが、全体を眺めるとカウンタックよりキレイにまとまった印象を受けるのです。
例えば歴代フェアレディZなら、私は迷わず240Zを選ぶでしょう。
こう書くと「曲線が好きなだけぢゃないの?」って気もしますが、アウディA4や歴代VWゴルフも好きなんです。
こーゆー「感覚」って、他人様に伝えるのはとっても難しいですね(笑)。

#ちなみにボクスター(986前期型)のデザインは、私にとってもちろん「自然」です。

皆さんはどんなクルマ(のデザイン)が好きですか?
[PR]
by boxster_sachio | 2005-01-13 23:02 | クルマ